P1050885P1050898P10509042015.06.02 後藤野工業団地 北上プライウッド社

東日本大震災により、合板メーカー「セイホク(株)」グループの宮古プライウッド磯鶏工場と大船渡プライウッド工場が被災したが、宮古磯鶏工場は再開したものの、大船渡工場は施設の老朽化もあって閉鎖となっていた。大船渡工場の閉鎖は、県内の森林資源の活用先が無くなることであり、県外への搬出がコスト面で大きな問題となっていた。県内森林団体の要請を受け北上市内西方・後藤野工業団地に進出をしていただき、本年3月から試験運転を行っていたが、7月の本格操業を前に記念式典、祝賀会が開催された。

新社長の井上篤博氏は、「結の合板工場」と命名した経緯を説明した後、「地域の森林資源の活用が林業を振興する。県産材の活用と環境に配慮し安全でクリーンなモデル工場として全国に発信したい。」と話された。私もこの工場が核となって、今後の林業の活性化がなされることに大きな期待を寄せています。

◎記念植樹は、達増知事ほか県関係者